子育て支援サービスを知る

>

どんなサービスがあるのか

子供を見てもらう

どうしてもどこかに行かなくてはいけない用事がある時は、自宅にベビーシッターを呼んでください。
行政のサービスには、ベビーシッターに面倒を任せることができる機能があります
小さな子供を1人で留守番させるわけには行かないので、困っている時に助かるサービスですね。

また子供の面倒を見てもらうことはもちろん、料理や洗濯などの家事を任せることも可能です。
出産したばかりの身体は、痛みで上手く動くことができないかもしれません。
そんな状態の時は無理しないで、身体を休ませることを優先してください。
ベビーシッターに来てもらえば安心できるで、遠慮しないで相談しましょう。
各都道府県の訪問育児サポーターの相談窓口に行くと、申し込めます。

赤ちゃんを預けよう

仕事をしている人は時々子供をベビーシッターに任せるだけでは足りないと思います。
毎日預けることができる施設を見つけてください。
行政では、子供を預かるサービスがあります。
施設に連れていくことで、日中面倒を見てもらえます。
育児に詳しいスタッフが担当するので、安心して仕事に行ってください。

先に出産した母親が、自分の子供と一緒に自宅で面倒を見てくれるサービスもあります。
すると面倒を見てもらうと同時に、友達もできるので一石二鳥ですね。
赤ちゃんのころからコミュニケーション能力を発達させれば、将来役に立ちます。
子供を行政に預ける時は、どのような人が担当してくれるのか調べてください。
すると、任せるべき人を自分で判断できます。